オート機能

給湯器を使ってお湯を温めることで浴槽いっぱいに適温のお湯を貯めることができます。
適温のお湯なら入るだけで身体の疲れを癒すことができ、肩こりや腰痛などにも効果があります。
給湯器がなかった昔はお湯の温度を設定して蛇口から水を出していましたが、そのまま放置しているとお湯が浴槽から溢れてしまうこともあります。
そうなると水の無駄遣いになってしまうため、現在ではフルオートやオートの機能がある給湯器が登場しています。
フルオートの給湯器だと一度機械を操作するだけで浴槽にお湯を入れて、設定した水位まで到達すると自動的に水が止まります。
これならお湯を沸かしていたことを忘れていても水を無駄に消費することもありません。
またお湯は時間の経過とともに少しずつ温度が下がってしまいますが、給湯器の機能により自動でおいだきをしてくれます。
浴槽内全体のお湯をかき混ぜながら温度調整を行うので、熱くなり過ぎない適正温度を常に保つことができます。

またフルオート機能では一定の水位から水が無くなると自動でたし湯を行ってくれます。
一方オート機能がある給湯器はたし湯以外の機能を自動でしてくれます。
たし湯をしたいときにはスイッチがあるので、それを押すだけで設定された水量の水が追加されます。
オート機能を兼ね備えた給湯器なら毎日の生活も便利なものになります。
専門店によって取り扱っている給湯器や機能性も異なっているので、まずは商品の情報を確認していくことが大切です。